coupe Diary 「クーペの部屋」


明日病院なんだ 肝臓

そのあとライブ立川で

 

志保は音楽で

ちゃんとお金にして行くんだから

たいしたもんだ

今日はコーラス隊で明日はバンドで

出来るようでなかなか出来ない事


志保を褒めるより俺だよ 俺を何とかしなきゃならんのだが

 

頭の中で昨日の楽しさまだ引きずっている

基本が野暮だからね 中河原だから

1人が喋りすぎたり 飲み過ぎでケンカになったり

どーでもいい女の手を握って口説いたり

めんどくさくなるもので

そんなのに限って金それほど出さなかったり

粋に飲めないものでね 


昨日はぎりぎり あとちょっとでケンカになるところで

それを上手くかわしてる人がいて

こんな人がたいてい金をはらって帰る

そんな人がいるとほっとするもんでね


そんな人もどっかで気づいたんだろうね

馬鹿と田舎者は気づかない


笑うに限る

笑わないとね

笑うって難しい 怒るの簡単だけど

ほんとにおかしくないのに大声で笑うのがいるだろう

疲れるんだよね

 

珍しく忙しかった

志保の友達も来て 土方さんが団体で

菅原さん達も来て 店がずーっとパンパン状態

こんなに入るとお客さん同士で話してくれ

ほっといてもいい状態になる

志保の友達も面白かった

話の上手な人って聞き上手だね

志保の友達は女同士だが気が合うというのか

どちらかが男だったら間違いなく結婚してたろうな

素晴らしい仲間だな

気遣いが一緒って

今は男同士より女同士の方が親友は生まれやすい

クマも今は無茶苦茶頑張ってるみたいだ

もともと才能があるから俺と一緒で人に頼っちゃうからね

自分に頼ったら成功するのにって思う

人なんて頼ったってろくなことないからね

 

大将は15日急遽仕事になり会えなくなった

淋しいがしょうがない

時々昔を思い出すが 昔を思いだしても

過去は終わった事

嫌な人間には会わなければいいし

好きな人間とだけ会えばいい

それでいいんだよ

あの時と思ってもその時に戻れるわけでもなく

今度同じような事が起きれば 思ってるように生きればいいんで




5月5日は子供の日じゃない

5月5日は55歳過ぎたら聞きたいライブ

今回はライブと芝居の二本立て

 

育ち

亮太は育ちがいいって 昔吉村さんが言い出した

見てるとほんとにそうだ

見抜く吉村さんが凄いと思ったが

なるほど亮太は気持ちにゆとりがある

人というのはその長所が短所になったりするもので

誰でも愛せるという事は誰も愛せないという事になるもので

まだまだこれからの人生

いっぱい失敗して最後に成功すればいいと思う

今日は店が楽しかった

楽しいのは実に楽しい


いつもかわらないナベがいい

人は無理のない優しさ持った人なんだと思う


争いは勝っても負けても良い気はしないもの

自分とだけ戦うナベはだからスーパーマン

 

安くて美味い焼肉屋があって

そこに大将と行く事になった

久しぶりだな

大将と話すの

志保も嬉しそうだ


また一時会えないからね この時は楽しまないと

人に会いたいと思わせる人って 凄いんだと思う


これでいいと思う

稼げないんだからね

 

今NHKで人間の人体という番組をやっていて

これがなかなか面白い

生き物が何億年という時間で積み重ねてそうなったんだろうが

いやーよくできている 人間の身体

今からでも大切にしようと思った

煙草やめて良かった 酒も

やめれたのはせめてもの身体への罪滅ぼし

偶然大将とやめようってなったんだ

この先吸う事はない

その大将に15日に会うことになった

嬉しいよそりゃあ


出逢えてよかったって思う一人

 


日記を書く! (管理者専用)

build by HL-imgdiary Ver.1.24